鼻水 止まらない 薬

止まらない鼻水によく効く薬の選び方

止まらない鼻水によく効く薬の選び方

止まらない鼻水やくしゃみを抑える方法はいくつかあります。
基本的にはアレルギー性鼻炎でも風邪によるものでも、薬で抑え込む方法は決して良いとは言えません。

 

ですが、症状がかなり酷くて、何も手につかないといった場合などは、一時的な改善策としての薬の服用も有効になります。

 

使用するにあたって覚えておきたい事は、薬では完治できないという事です。
あくまで症状をコントロールするという目的で服用しましょう。

 

 

 

市販の主なアレルギー性鼻炎薬

抗ヒスタミン剤

アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの働きを抑制する薬です。
「第一世代」と「第二世代」の2種類のタイプがあります。

 

第二世代は第一世代に比べると眠くなりにくいことが特徴ですが「眠くなりにくい」というだけで、眠気の副作用は起こるので注意が必要です。

 

 

 

血管収縮薬

血管収縮薬は鼻粘膜の毛細血管を委縮させ、鼻粘膜の腫れや鼻づまりを抑えます。
使い始めは鼻の通りが良くなりますが、使用し続けると逆に症状を悪化させる副作用があります。

 

 

 

抗コリン剤

抗コリン剤は鼻水の分泌を抑える効果ですが、副作用としてドライマウス、便秘、排尿困難があります。

 

 

 

抗炎症剤

抗炎症剤は鼻粘膜の炎症を抑える作用があります。

 

 

 

このように化学薬品をベースにした薬は一時的な効果があるかわりに、必ず副作用も付いてくるため、使用するポイントが難しいところです。

 

 

 

和漢方で根本治療を狙う

アレルギー症状の根本治療には、食事改善を始めとする生活習慣全体の見直しができるかどうかにかかっています。
それらができたからと言って完治するかと言えば正直わかっていないのが現状です。

 

しかし、緩和させることは確実にできます。

 

そこで健康をアップさせる、新陳代謝を高めて免疫力やホルモン環境を改善してくれる和漢方がおすすめです。

 

  • 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
  • 麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
  • 葛根湯(かっこんとう)
  • 麻黄湯(まおうとう)

 

など、根本から治療したい方には適した和漢方だと言えるでしょう。
和漢方は緩やかな改善のために、効果を待ちきれない方も多くいますが、本気で治したいのならば和漢方を上手に利用してみる価値はあるでしょう。

 

また、お茶はアレルギーの原因であるヒスタミンを抑える働きを持つものがたくさんあります。
アレルギー性鼻炎に効くと言われる田七人参や高麗人参が配合されたものもあるので、検討してみるのも良いです。

 

⇒田七人参配合の緑茶


関連ページ

鼻水が止まらない時に受診したい病院
鼻水が止まらない時に受診したい病院について掲載しています。