咳 鼻水 止まらない

自宅でできる!止まらない咳と鼻水の対処法

自宅でできる!止まらない咳と鼻水の対処法

小さなお子さんは、夜になると咳が始まって鼻水が止まらないなんて事があります。
ですが熱はなく、風邪ではなさそうなケースでは、親御さんとしても対処の仕方が分からない事でしょう。
これは成人の方にもよくある症状です。

 

 

咳が止まらないが熱は出ていない。
また鼻水も出る場合に、どのような病気が考えられるのでしょうか?

 

 

その原因として考えられるのがアレルギー性鼻炎です。
花粉症やダニアレルギー、建築資材の毒性からくるシックハウス症候群も考えられます。
これらで起こる止まらない鼻水や咳を自宅で対処するにはどういった方法が効果的なのかご紹介します。

 

 

 

咽喉を十分に潤す

とりあえず咳を止める方法は、咽喉を十分に潤すに限ります。
一時的な対処方法ですが、苦しい状況は回避できます。
それにはマスクが効果的です。

 

また、蒸しタオルで口を覆ったり、漢方系のノド飴をなめるのも有効です。
そして室内にいる場合は、加湿器を使うようにすると呼吸が楽になります。
また、塩水などでうがいをするのも役に立つでしょう。

 

ただし薬用のうがい剤は避けた方が良いでしょう。
例えばイソジンは殺菌力はありますが、喉が痛くなってから使用しても効果は得られにくく、かえってのどの刺激になってしまうことがあります。

 

 

 

口に水を含む

止まらない鼻水には、少量の水を口に含んで、じっとしているという方法が効果的です。
含んだまましばらくして水を飲みこむだけで少しの間、鼻水が止まります。

 

その場しのぎの方法ですが自宅だけでなく、外出先でもどこでもできますから覚えておくと大変便利です。

 

 

 

アレルゲンを特定する

アレルギー性鼻炎の場合は、何よりもアレルギーを引き起こしている原因物質・アレルゲンを特定する必要があります。
これは自宅ではできませんので、すぐに専門の病院で検査をしましょう。

 

そしてアレルゲンが食物内のタンパク質であれば、その食材を避ける事で症状の発生を回避できます。
ただし、アレルゲンの種類は増えるのが一般的な傾向です。

 

昨日まで大丈夫だったタンパク質でも、翌日アレルゲンに変わる事も珍しくありませんので、食事は慎重にする様にオススメします。

 

 

 

自宅の衛生状態を高める

花粉症が原因の場合は、やはりマスクが必須です。
自宅内でもけっして完璧に除粉できるとは限りませんので、なるべく利用した状態が望ましいです。

 

息苦しくなる方には高性能のマスクもあるので試してみて下さい。
ハウスダストの場合も同様です。
自宅内の掃除をこまめに行って、湿度を高めておきましょう。

 

湿気があると微粒子物質は空中に舞い上がる率が低くなるので、加湿器などで潤いのある空気をキープしてください。

 

また、反対に湿気が多く、カビが発生しているところはカビ菌の除去を徹底してください。
これらがアレルゲンになっている可能性は高いので、衛生面を丁寧にケアしてみましょう。

 

 

 

⇒美容成分も豊富!女性は嬉しいアレルギーの鼻水対策


関連ページ

秋に鼻水が止まらない…原因は3つあった!
秋の止まらない鼻水について掲載しています。
花粉症の止まらない鼻水を止める9の方法
花粉症の止まらない鼻水を止める9の方法について掲載しています。
止まらない鼻水に潜む4つの病気
止まらない鼻水に潜む4つの病気について掲載しています。
病気のサイン!?止まらない透明の鼻水
止まらない透明の鼻水について掲載しています。
止まらないサラサラの鼻水にできる簡単な応急処置
止まらないサラサラの鼻水にできる簡単な応急処置について掲載しています。
頭痛と止まらない鼻水が併発する6つの原因
頭痛と止まらない鼻水が併発する6つの原因について掲載しています。
アレルギーの止まらない鼻水に効果的な治療法
アレルギーの止まらない鼻水に効果的な治療法について掲載しています。
薬を使わない!止まらない鼻水とくしゃみの止め方
止まらない鼻水とくしゃみの止め方について掲載しています。