鼻水 止まらない 透明

病気のサイン!?止まらない透明の鼻水

病気のサイン!?止まらない透明の鼻水

透明でサラサラな鼻水がどんどん流れてきて、鼻をかんでもかんでも切りがない!
そんな鼻水は粘性も弱いので、知らないうちに顎にまで滴ってくる事がります。
このように見た目も恥ずかしい透明な鼻水ですが、病気のサインになっている事をご存知でしたか?

 

 

 

風邪の初期症状

最も良くあるのが風邪の初期症状です。
軽い感染症の段階ではウイルスの量も少ないですし、それと戦う免疫細胞の数も限定的です。

 

両方の死骸の量が少ない事から膿みがほとんど出ていないのです。
もしサラサラな鼻水が止まらない時は、しっかりと風邪対策をとるようにしてみましょう。
安静に体を休めて、体力を回復させる事ができれば7日程度で鼻水も治まってきます。

 

 

 

アレルギー症状

上記で記載したようにサラサラで透明の鼻水には、ウイルスや白血球などの免疫細胞の死骸が含まれていません。
特に水と同じような鼻水ならば、アレルギー反応による洗浄水が鼻から出ていると思ってください。

 

アレルギー性鼻炎は、一見無害なタンパク質や微粒物質が鼻の粘膜に付着して発生する症状です。
それらはウイルスなどの外敵ではないので、免疫細胞では駆除できないわけです。

 

そこで、体は大量の水分を分泌して、いっきに洗い流してしまおうとします。
この作用で大量の鼻水が流れ続けることになるのです。

 

 

 

アレルギーを起こすアレルゲンとは

アレルギー症状を起こす原因であるアレルゲンは、人によって様々です。
そのもっとも多いのが、

 

  • 花粉やダニに代表されるタンパク質

 

です。
他には、

 

  • 細かなチリやホコリ
  • 体内で分解できない化学物質
  • アスベストや防腐剤などの食品添加物

 

こういったものもアレルゲンに含まれます。

 

 

 

透明の鼻水が引き起こす病気

以上のような理由で透明な鼻水が大量に出るのです。
この量があまりにも多いと鼻の奥に溜まってしまい、やがて溢れ出して喉の方に流れ込むことがあります。

 

すると、気管に入ったり、肺にまで流れ込んでしまうと怖い病気になるのです。
鼻水の中の細菌がもとで中耳炎や気管支炎になる事はよくあります。
場合によっては、肺炎にまで進行することもあります。

 

たかが鼻水と軽く考えないようにして、原因に対してきちんとケアをするようにしましょう。

 

 

 

⇒美容成分も豊富!女性は嬉しいアレルギーの鼻水対策


関連ページ

秋に鼻水が止まらない…原因は3つあった!
秋の止まらない鼻水について掲載しています。
花粉症の止まらない鼻水を止める9の方法
花粉症の止まらない鼻水を止める9の方法について掲載しています。
止まらない鼻水に潜む4つの病気
止まらない鼻水に潜む4つの病気について掲載しています。
止まらないサラサラの鼻水にできる簡単な応急処置
止まらないサラサラの鼻水にできる簡単な応急処置について掲載しています。
頭痛と止まらない鼻水が併発する6つの原因
頭痛と止まらない鼻水が併発する6つの原因について掲載しています。
アレルギーの止まらない鼻水に効果的な治療法
アレルギーの止まらない鼻水に効果的な治療法について掲載しています。
自宅でできる!止まらない咳と鼻水の対処法
自宅でできる止まらない咳と鼻水の対処法について掲載しています。
薬を使わない!止まらない鼻水とくしゃみの止め方
止まらない鼻水とくしゃみの止め方について掲載しています。