白井田七茶の副作用は?飲む時の注意点

白井田七茶の副作用は?飲む時の注意点

副作用とは医薬品によって起こる、本来期待したのとは異なる作用のことです。

 

白井田七茶は医薬品ではないので副作用と呼ばれるものはありません。

 

では、多くの人がマイナスの作用という意味で使っている「副作用」についてはどうかというと、それもありません。

 

なぜかというとこのお茶は有害な添加物を一切使っていないからです。
原料は無農薬で育てられていて、放射能検査も実施しているので安心して飲むことができます。

 

カフェインについて心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、白井田七茶に含まれているカフェインは1包につき23mgと微量です。

 

成人が1日に摂取しても問題ない量は400mgですが、このお茶を1日に2包飲んでも46mgにしかならないので全く問題ないですね。

 

 

 

好転反応ってどんな状態?

好転反応はもともとは東洋医学で使われていた言葉で、あんまをした時の揉み返しなどがこれに当たります。
つまり、症状が好転する前に一時的に症状が悪化する状態を指して使われます。

 

口コミを見ると更年期障害の女性で、白井田七茶を飲むようになってから1〜2週間程眠気が続いたとか、低血圧の方が1週間ほど体がだるくなった、というコメントがあります。

 

また、3日間お腹が緩くなったという方もいますね。
ただ、すべての方に当てはまるというわけではありません。

 

 

 

副作用や好転反応が出た場合の対処法

気になる症状が出ている時期は、1日に飲む水の量を増やしたり、入浴時間を短くするのが役立ちます。
お水は血液の循環を促進して、血液をきれいにするのにも役立つので症状を和らげることができます。

 

また食事の時間がばらばらだったり、偏食気味、運動不足の方は症状が出やすいので、日ごろの生活習慣にも注意するようにしてください。

 

 

 

飲む時にはこの点に注意

白井田七茶を飲む点での注意点は摂取量を守るということです。

 

1日に1〜2包が目安です。

 

どの健康茶についても言えることですが、たくさん飲めばよく効くというわけではないですし、逆効果になることもあるので摂取量は守るようにしましょう。

 

飲むタイミングはいつでもいいのですが、胃が弱い方は空腹時に飲むよりも食事中や食後に飲んだほうがいいでしょう。

 

また、お薬を服用している方やビタミン制限などの治療を受けている方は、購入する前にかかりつけのお医者さんに相談してくださいね。

 

薬の種類によっては薬の作用や治療効果を弱めてしまうこともあるので、飲んでも問題ないか事前に確認してください。

 

⇒白井田七茶を安心・安全に購入するなら公式サイトで!