白井田七茶で更年期障害対策はできるのか

白井田七茶で更年期障害対策はできるのか

更年期になると女性ホルモンが減少してのぼせたりめまいがしたりイライラするなどの不快な症状が出てきますね。

 

イライラするのは脳の中枢神経のバランスが悪くなっているためなのですが、これには副腎皮質ホルモンが関係しています。

 

白井田七茶に配合されている田七人参の成分であるサポニンには副腎皮質ホルモンの分泌を促してくれる作用があります。

 

ホルモンのバランスが良くなり副交感神経が優位になると、イライラが解消されてきます。

 

また、女性ホルモンであるエストロゲンや黄体ホルモンは卵巣で作られますが、エストロゲンになる前の形であるDHEAは副腎で作られます。

 

ですから、副腎ホルモンの分泌を促してくれるサポニンを摂取すると、エストロゲンをサポートすることになり更年期の症状を和らげることが可能になります。

 

さらに田七人参の成分の1つであるギャバは、神経をリラックスさせ、フラボノイドは細胞の老化防止に役立ちます。

 

 

 

更年期障害の原因とは?

女性が年齢を重ねると、エストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が少なくなります。

 

エストロゲンの分泌量のピークは30代半ばで、40代半ばで急激に減ってしまいます。

 

エストロゲンは、妊娠や出産に際しても重要な働きをしますが、自律神経をサポートしたり、脳の働きや骨や皮膚に関係した400以上の機能を備えています。

 

ですから、エストロゲンが急激に減る時期には不眠になったり体のむくみが出たり、脂肪の代謝が減って太りやすくなります。

 

また、動脈硬化など血管系の症状も出やすくなります。

 

また、副腎から分泌される主要な副腎皮質ホルモンは抗ストレスホルモンとも呼ばれる糖質コルチコイドと電解質コルチコイドなのですが、ストレスにさらされると、副腎はこれらのホルモンを出し続けます。

 

副腎はこの主要なモルモンを優先的に出し続けるのでエストロゲンや黄体ホルモンの分泌が減ってしまいます。
ですから、更年期に大きなストレスを抱えながら生活していると更年期症状がますますひどくなってしまうのです。

 

 

 

白井田七茶の飲用と併用すると効果的な更年期障害対策

心身の疲労は更年期障害の症状を悪化させるので、日々のストレスを軽減させるようにしましょう。

 

たとえば、夜更かしをしない、禁煙する、体を冷やさない、偏食せずにバランスのとれた食事をする、といったことで症状を改善することができます。

 

また、睡眠も大事です。

 

寝ついてからの最初の3時間に成長ホルモンが分泌されるので、ゆったりした気分で床に就くようにしましょう。
そして、細胞の修復作業には6時間はかかりますから最低でも6時間の睡眠を取ることが大切です。

 

⇒早く飲み始めるともっと効果的!白井田七茶の購入はコチラ