白井田七茶を飲むと本当に喘息は楽になる?

白井田七茶を飲むと本当に喘息は楽になる?

アレルギーが原因の喘息の場合、軌道にアレルゲンが侵入してくるとヒスタミンが生成されますが、これが喘息の症状の原因になります。

 

白井田七茶にはカテキンが含まれていますが、カテキンにはヒスタミンの発生を抑える働きがあります。
ある研究によれば緑茶10杯を摂取するとアレルギー反応が半減するということです。

 

また、茶葉からなるべくたくさんのカテキンを抽出するには熱いお湯でゆっくり淹れればいいのですが、そうすると苦みの強いお茶になります。

 

そして、茶葉から入れるお茶からはカテキンを完全には取り出せず、茶葉の中に残ってしまいます。

 

その点、白井田七茶は粉末なので茶葉の中のカテキンやその他の栄養を余すところなく取り入れることができますよ。

 

 

 

喘息の原因とは?

喘息の原因になっているのはハウスダストやダニ、ペットの毛やフケ、花粉などです。

 

汚れた空気や香水などの匂いによって起きることもあります。
さらに、食物や運動、喫煙、ストレスによって引き起こされる場合もあります。

 

子供の喘息のほとんどはアレルギーが原因ですが大人の場合は原因が特定できないことが多いです。

 

気道がアレルギー物質などによって炎症を起こしていると、刺激に敏感になって痙攣を起こし、気道が狭くなります。

 

なぜこのようなことが起きるかというと、以前に吸い込んだアレルゲンに対するIgE抗体というのが肥満細胞に結合していて、そこに再びアレルゲンが侵入してくるとアレルゲンを排除しようとして肥満細胞がヒスタミンを出すからです。

 

ヒスタミンには平滑筋の収縮を促す働きがあるので、気道が収縮してぜーぜーとした音がしたり呼吸が苦しくなります。

 

 

 

白井田七茶の飲用と併用すると効果的な喘息対策

アレルギー性の喘息でアレルゲンがわかっているなら、それらを一切避けなければなりません。
また喘息対策としては、食べるものにも気を付ける必要があります。

 

喘息にいいとされているのはユリ根のスープ、大根おろしとはちみつを混ぜたもの、シソの葉や実などです。
シソの葉や実には抗菌作用や抗炎症作用のある成分が含まれているので、スープに入れて飲むといいですね。

 

避けたほうがいいのは過度の飲酒です。
少しなら問題ないですが、たくさん飲みすぎると肥満細胞がヒスタミンを放出して喘息の症状が起きます。

 

喫煙も避ける必要があります。
タバコの成分は、気管支の繊毛を傷つけるので異物が侵入しやすくなります。

 

また、ストレスも喘息の原因になるので趣味を楽しんだり軽い運動をしたりしてストレスを和らげるようにしましょう。

 

⇒ゼーゼーに直接働きかける!白井田七茶の購入はコチラ