白井田七茶は鼻炎に効果あるって本当?

白井田七茶は鼻炎に効果あるって本当?

白井田七茶の原材料は緑茶が98%、白井田七人参が2%です。

 

緑茶はカテキンが豊富な食品ですね。
カテキンには抗酸化力があり、それはビタミンCやビタミンEの数10倍と言われています。

 

そのため活性酸素を抑制し、免疫力を高めるのに役立ちます。

 

さらにカテキン類はインフルエンザウイルスが体の細胞と結びつくのを防ぐ働きがあるため、インフルエンザにかかるリスクを減らせると考えられています。

 

白井田七人参に含まれるサポニンにも免疫機能を向上させたり、アレルギー物質が体に侵入するのを防ぐ働きがあります。

 

鼻炎の時には粘膜が炎症を起こしてしまいますが、免疫力を高める成分が入った白井田七茶は粘膜が炎症をおきるのを抑えることができるんですね。

 

また、風邪をひいたりインフルエンザにかかるリスクやアレルギー物質の侵入を阻む成分もあるので、鼻炎になるのを防ぐことができます。

 

 

 

鼻炎の原因とは?

ウイルス感染やアレルギー物質の侵入などで起こり、鼻の粘膜が炎症を起こします。

 

鼻炎になると鼻水や鼻づまり、くしゃみと言った症状が出ます。

 

症状が出始めてから3週間以内で治る急性鼻炎の主な原因はウイルス感染です。
まれにマイコプラズマや細菌が原因で起きることもあります。

 

症状が数週間以上続いて慢性化した慢性鼻炎は、普通は急性鼻炎が慢性化して起こります。
それ以外ではタバコや大気汚染、金属や薬物が原因になることもあります。

 

アレルギー性鼻炎の原因は花粉やダニ、ハウスダストなどです。

 

これらのアレルゲンが鼻の粘膜に付くと、体の中の肥満細胞の抗体がアレルゲンと結びつきます。
そこに再びアレルゲンが侵入してくるとヒスタミンが放出されて鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状が起きます。

 

 

 

白井田七茶の飲用と併用すると効果的な鼻炎対策

白井田七茶を毎日飲むほかに、プラスアルファの鼻炎対策をすると鼻炎の症状をさらに和らげることができます。

 

まず、加湿器などを使って部屋の中の湿度が適度に保たれるようにすることが大切です。
乾燥しているとインフルエンザにもかかりやすくなります。

 

外出時にはマスクをかけるのを忘れないようにしましょう。
お風呂はシャワーで簡単に済ませるよりも湯船につかったほうが血行が良くなって鼻詰まりも解消できます。

 

過労やストレスも鼻炎にはよくないのでゆっくり休むことも必要ですね。
アレルギー性の鼻炎で花粉が原因の場合は午後など花粉の量が増える時間帯は外出を避けるようにしましょう。

 

また、帰宅した時には花粉を家に持ち込まないように玄関で軽く払い、上着は部屋に持ち込まないように気をつけましょう。

 

⇒ズルズルが爽快!白井田七茶の購入はコチラ