【これで止まる!】止まらない鼻水を解消する3ステップ

【これで止まる!】止まらない鼻水を解消する3ステップ

止まらない鼻水はなぜ起こる?効果的に止めるには?

症状別 対策 治療

止まらない鼻水と併発しやすい症状とは。症状に合った適切な対策が見つかる!

 

一時的でも良いから鼻水を止めたいという時はコチラ。即効性のある方法を厳選!

 

止まらない鼻水によく効く薬や本格的な治療をする前に知っておきたいこととは。

 

 

止まらない鼻水を起こす3つの原因

風邪でもないのに鼻水が止まらないという方は少なくありません。
そんな状態が頻繁に起こると苦痛ですし、日常生活もままならない事でしょう。

 

ではその原因とはなんでしょうか?
大きくわけて3種類あります。

 

 

 

激しい乾燥

一般的に成人で平均1リットルの鼻水が1日に出ていると言います。
ですがほとんどが喉へ流れているので、鼻をかむ必要がありません。
鼻水は鼻孔の内部を常に湿らせることで、呼吸で吸い込む空気に加湿をしているのです。

 

加湿された空気が気管支や肺へ運ばれる際に、空気中のホコリやウイルスの除去をしてくれます。
特に赤ちゃんは鼻水がたくさん出ます。

 

免疫能力の低い赤ちゃんは、加湿度を高めることで外敵から身を守っているのです。
また、乾いた冷たい空気を吸うだけでも、反対に熱い湯気を吸い込んでも、鼻粘膜が強い刺激を受けて鼻水を分泌させます。

 

 

 

このことから、乾燥の激しい冬場では、加湿を十分に施しマスクをすると良いでしょう。
止まらない鼻水もこれで緩和させる事ができます。

 

 

 

衛生状態の悪い空気

鼻腔内の洗浄のために鼻の中に出水分が分泌されます。
この水分は、溜まったウイルスやチリ・ホコリなどのゴミを体外に排出する役目もあります。

 

空気中に漂っている無数の菌やホコリが鼻呼吸によって、空気といっしょに鼻に入ってきます。
ですが、それらは鼻毛や粘膜質に吸着されて、鼻孔にどんどんと蓄積されていきます。
すると、それらのゴミを洗い流すために、水分が分泌されるのです。

 

この鼻腔内の汚れが激しい時に水が大量に分泌されて、鼻から続々とあふれ出している状態が止まらない鼻水の正体です。
そして、空気の衛生状態が悪いと大量の鼻水に苦しむ事になります。

 

 

 

手っ取り早い予防方法には、鼻まですっぽりとカバーできる高性能のマスクを着用する事です。
また、職場や自宅には空気清浄機と加湿器でクリーンな環境をキープすると効果が高まります。

 

 

 

アレルギー

この20〜30年間でアレルギー体質の方が急増しています。
アレルギー反応のひとつに鼻水の大量分泌があります。
それは個々の免疫機能が低下していて、適切な体内浄化が出来ない事が原因です。

 

鼻腔内はウイルスなどのアレルゲンがもっとも溜まり易い場所です。
殺菌効果が低いと、鼻腔内でも雑菌が繁殖をして大量の鼻水が分泌される事になるのです。

 

よく見られる症例に花粉症がありますし、ハウスダストもそうです。
もちろんインフルエンザを引き起こす細菌も鼻孔に溜まり易いのです。

 

 

 

これには生活習慣を見直し、体質改善をする必要があります。

 

 

 

⇒美容成分も豊富!女性は嬉しいアレルギーの鼻水対策